盗聴・盗撮調査

盗聴・盗撮調査
盗聴・盗撮器とは?

近年では高性能化、小型化が進み思いもよらないものに寄生するかのように取り付けられ、被害が全国的に拡大しております。

例えば、パソコンのマウス、キーボード、USBコード、ボールペン、電卓、折りたたみ傘など、挙げればきりがありません。
要はごく小さな基盤と小さなマイクを取り付け、電池などによって電源が得られればどんなものでも盗聴器として成り立つのです。
電池タイプの作動時間は概ね1週間前後、コンセント型などの家庭用電源タイプのものは半永久的に壊れるまで盗聴し続けます。

全国で販売されている盗聴器は年間に30万個とも、40万個ともいわれており、常に数百万個の盗聴器が出回っていると考えられているのが現状なのです。

盗撮には大きく分けるとカメラを固定設置して行う盗撮と、携行品や衣服等に仕込んで行う手法があります。
固定設置して行う定点盗撮は、無線通信で映像を発信する手法が多く、携行品や衣服に仕込んで行う盗撮は記録装置も携行して撮り貯めながら行うことが多いようです。
どちらも直径1ミリ程度の穴があれば十分に撮影が可能で、暗視・防水機能が備わっているものもあります。

こんな経験はありませんか?

以下の項目にひとつでも該当する箇所があれば、あなたは、盗聴・盗撮されている可能性があります。


  • いたずら電話無言電話が多い。
  • 電話中にノイズが多い。
  • ストーカーに狙われたことがある。
  • 家に侵入された形跡があるが何も盗まれなかった。
  • 以前交際していた人の物がある。
  • 自分しか知らないことを他人が知っていた
盗聴・盗撮器を発見するには?

盗聴器はさまざまな物の中に組み込まれています。
盗聴器を探索・発見するには様々な電波(周波数)を捕捉・計測することができる受信機が必要です。

アンテナが備わった盗聴器の場合、一般的に100メートル~200メートルの範囲で盗聴が可能といわれておりますが、携帯電話やPHSを転用した盗聴器は基本的にどこからでも盗聴されます。

このため、仮に機器が揃ったとしてもデジタル式電波を使った盗聴器や、デジタル携帯電話を使った盗聴器、有線式盗聴器などを発見するには専門的な知識と技術が必要とされます。

当社では、専門スタッフが、最新鋭の探索機を使っていち早く盗聴器を発見します。
また、弊社の他部門と連携して卑劣な盗聴者を特定。あなたを見えない不安から守ります。

名古屋の探偵・興信所なら、相談実績10万件の【さくら幸子探偵事務所】
タイトルとURLをコピーしました